猫も杓子も記事を書く

140文字ではかけないことをかこうと思います。

知らないうちに幻影を追って

ここでしばらく書かずにいる間に、ベイスターズセントラル・リーグペナントレースで2位という堂々たる位置を勝ち取り、クライマックスシリーズ・ファーストステージで阪神タイガースに敗れ、今シーズンの戦いは終わった。正直、昨季からの戦力の上積みは中井大介(と、上積みになるはずだったソリス)だけという中*1で、好成績を期待する方が難しいのでは、という開幕前の自分の心境をいい形で裏切ってくれたのは嬉しかった。

とはいえ、2位と言っても勝ち越しはたったの2である。例年の負け越しが70あまりまで嵩んでいる交流戦で、死ぬほど頑張って得た貯金3がまさか最終盤の順位決定に生きてくる、マジモンの伏線になろうとは、誰も思わなかっただろう。大方の予想を覆し、連勝に次ぐ連勝で最後に3位に滑り込んできた阪神との勝ち越しの差は、たったの1しかなかった。いかに大補強した巨人以外のチームに戦力差がないかという好意的な解釈もできなくはないが・・・

 

かくして、貯金差で1しかなく、かつシーズン通して相性が悪かった阪神とのクライマックスシリーズ・ファーストステージは、ある意味予想以上に熾烈を極めた。継投の縺れがあったとはいえ、6点差をひっくり返されたり、9回2アウトまでこぎつけたと思ったら福留にスパコーンと一発をかまされたり、どちらがホームなのか分からないくらいにがっぷり四つで組み合っていた。

もどかしかったは、初戦と2戦目はベイスターズとしては思惑通りの試合展開にはできていた、という点だ。阪神の強みはセリーグ屈指のリリーフ陣の強さで、PJが離脱したとはいえ、岩崎、島本、ドリス、ノウミサン、藤川球児というラインナップで、下手したら6回以降は継投で勝ちに持っていけるだけの層の厚さを誇る。この終盤の安定感に対抗するためには、早いイニングで得点をあげて主導権を握り、勝ち継投の出番になるような展開を避けるのが理想と言えるだろうが、ベイスターズはこの2試合、筒香のHRにロペスのHRと両試合とも先制できているのだ。ベイスターズの攻撃面でのシナリオはある意味成功しているといってよかったと思う。

誤算だったのはベイスターズのリリーフ陣で、やはりシーズンでも多くの試合を託してきただけに、シーズンと同じかそれ以上のパフォーマンスを発揮するのはやはり難しかったのかもしれない。今季のベイスターズ、先発で規定投球回を達成したのは今永だけで、長いイニングを計算できる先発がそもそも少ないというのもあった。それもあってラミレス監督は、今永や先発で2番目に投げた上茶谷をリリーフに回し、先発に短いイニングを任せつつリリーフの手札を増やして総力戦という形でリードを守り切るという青写真を描いていたのだと思う。*2しかし、リリーフの精度という意味で得意にしている阪神のお株を奪うことはできず、横浜に6連勝で乗り込んできた阪神を凌ぎ切ることはついにできなかった。

 

振り返ると、楽しさより苦しさが勝るようなシーズンだった。ラミレス政権も4年目に入り、求められるハードルはより高くなる。この3年間でCSも日本シリーズも経験した。ないのは優勝、日本一だけだ。前年Bクラスに終わった雪辱を、借りを返そうと、選手たちは誰よりも燃えていただろうと思う。球団もウイング席を増設したり、年間通して70周年へのPRをしたりと、莫大な投資をしてハマスタを、ベイスターズをより良くしようとしている、その力の入れよう、期待の大きさは傍らの1ファンであっても理解できた。

その期待に応えられるだけの結果だったか?と考えると、YESともNOとも言えない。自分の期待値からすると、優勝争いができるほど切迫した戦いを見られるのはまさに望外だった。来季に期待の持てる結果だった。

それでもハマスタで胴上げを許し、CSも下剋上を許した。最後の最後まで阪神に抗いきれないままだった。そのことが、2位という数字上の成績以上に澱のようにのしかかっているように思える。

 

一時だけ強くあることと、強くあり続けることは全く別物なのだということに、自分は今季初めて気がついた。失うものがなにもないほど弱かったチームが、躍進や下剋上に熱狂する時代はとっくに終わっていたのだ。失うものを持って初めて、負ける怖さ、順位を下げる怖さ、あのときのような熱狂、歓喜がもう戻ってこないかもしれないという怖さと、向き合うときがやってくるのだと。

2016年のCSファーストステージ、2017年のホームラン3連発に端を発する3試合連続サヨナラ、CSファイナルステージでの優勝、1998年の優勝・日本一・・・気がつくと自分のスマートフォンにはあの時の動画が、熱狂が映し出されていた。過去の栄光は甘美だが、時に麻薬にもなる。負ける怖さから逃れるために。自分はそこに、シーズンの最後まで気がつくことができなかった。

 

横浜DeNAベイスターズという球団は、今だけ強くあることだけに飽きたる球団ではないと思っている。来年も再来年もその先も優勝を目指し、日本一を勝ち取るために戦い、それを達成できるためのチームを作っていくのだろう。それを一切の衒いなく標榜するためには、失うものを抱えての戦いに挑み続けなければならない。それはチームの選手・監督・コーチ・スタッフ・フロントが一番良くわかっていることだと思う。この中に、一人のベイスターズファンとして、自分も加わらなければならないのかもしれない。これからベイスターズが挑む戦いは、そういう戦いなのだという、覚悟を。

 

来シーズンは、きっと長くなると思う。その先に、光が待っていると信じて。

*1:他方、何億もかけて○や銀仁朗を集めた球団もあったから、尚の事というのもあった

*2:今永は2017年のCSで同じくリリーフに回って好投していたので、その実績も買っていた部分はあっただろう

飽きが早い

www.nintendo.co.jp

 

先週ぐらいからスーパーカービィハンターズをやっている。ゲームのUIを見ていると、ご丁寧にすべての漢字にルビを振っていたりするあたり、対象年齢として見做されていないというところを痛感して涙が出るが、もうかれこれ20年以上前からカービィを遊んでいる自分としてはもはや気にするようなところではない。

ゲーム自体は簡素なモンハンみたいなもので、4つのジョブから選びつつ、武器や防具を選定してモンスターを倒していく。ちゃんとどのジョブも有利不利が極力でないように作られているゲームバランスはさすが任天堂HAL研究所であることだなあと感心する。*1

 

ソーシャルゲームシステムなので基本プレイ無料でスタミナ制であり、課金要素もある。メインで相手にしているのが子供なので、無課金でもいいように、またたくさん課金しなくてもいいようにかなり優しい作りになっているのは事実だが、課金者がちゃっかり、しかしかなり有利になるようになってもいる。

一例をあげよう。このゲームは12時間毎に「ジェムリンゴ」という課金で買えるゲーム内通貨が無償で貰える。スタミナ回復や武器・防具、アイテムの購入など、いたるところでこのジェムリンゴは必要になる。なので定期支給やクリア報酬でもらえるジェムリンゴを使って有効に買い物することが無課金で進めていく上での肝になる。

このジェムリンゴが定期的にもらえる個数が、課金しない状態だと10個なのだが、MAXの単価課金*2をしてジェムリンゴを購入すると2000個になる*3。200倍の格差だ。ゲーム開始してからの時間が経てば経つほど、格差の開きは倍々ゲームで大きくなる。

他のソーシャルゲームと異にしているのは、「広く浅く」課金させようとする戦略である。課金インセンティブに青天井を設ける代わりに、そのインセンティブに大きく差をつけ、課金することによる抵抗感を緩めている。戦略の違いの根源は簡単な話で、余暇費に限度がある家庭がユーザーだからなのだろう。合理的だなあとも思う。

 

ソースは失念したが、かつて声優の内田真礼さんが、「ソーシャルゲームを始めるときにはパッケージのゲームぶんぐらいの課金をしてから始める」と話していたのを覚えている。佐倉綾音さんだったかもしれないが、だいたいその感覚は共感できるものだと思った。あまりソーシャルゲームは手広くやらないが、そのぶん腰を据えてやろうと決めたものには一定の金を払おうという気になる。

金を払う理由はゲームを遊ぶ対価としての感謝というのもあるが、いかんせん自分が飽きが早いので、逃げ場をなくすという意図もある。飲み会一回ぐらいぽんと出してから始めると、少々うまくいかなかったりしても投げ出すことを躊躇うようになる。

 

ところが、今これを書いている自分はもう、スーパーカービィハンターズに若干、飽きている。浮かれたように5000円課金して、次の日に仕事があるというのに2時3時まで目を血走らせていた先週の自分はもう、自分の中にはいないのだ。

百歩譲って、やることが終わったのならまだわかる。すべてのクエストをプラチナメダルでクリアし、すべての武器・防具を揃えてSZまで強化し、レベルをMAXまで上げ、ゆうしゃミッションをフルコンプしたのなら、もうやることがなくなったと終えるのもわかるが、今はそのいずれも達成していない。12時間を測って必死にSwitchを起動し、無駄にならないようにジェムリンゴを2000個集めていた頃の自分は、もういないのだ。

 

いろいろ考えられる要因はある。最強装備を手に入れてしまいモチベーションが満たされてしまったこと、オンラインの通信環境が劣悪で、3割ぐらいの確率でクエストが異常終了してしまうこと、やはり年齢層の壁を超えることができなかったこと、敵を倒すまでのムーブがワンパターンに陥りがちになり作業感を禁じえなかったこと、

 

keyahina-unisonair.com

 

こういうゲームが出てしまったことなど。

 

とりあえず、この記事をもって飽きっぽい自分の懺悔とし、クエスト全クリアまでは進めていきたいと思う。スーパーカービィハンターズもユニゾンエアーも面白いのでおすすめです。

*1:ただし、クリアまでの時間を考えると相応の厳選や安牌な組み合わせは存在する。このゲームはクリアまでの時間がダイレクトにクリア後もらえる経験値に直結するので甘く考えることはできない。

*2:約5,000円

*3:定期支給のことを「ジェムツリーからジェムリンゴを収穫する」と表現していて、課金するとジェムツリーが成長し、収穫量が増えるという文脈になっている。

Animelo Summer Live 2019 -STORY-のセットリストはどれくらいSpotifyで補完可能なのか

hidamariman.hatenadiary.jp

 

これのアニサマ版です。

 

ルール

  • セットリストのタイトルなどはアニサマ公式サイトに準じる
  • カヴァーやコラボについては原曲の配信状況をカウントする。ただし、カヴァー曲として音源が配信されている場合はそちらのカウントを優先する
  • 2019/09/05 現在でSpotifyに追加済みのものが対象
  • メドレー形式の楽曲については各曲ごとに分割して集計(ex: 全力☆Shangri-La~全力☆シドニア全力☆Summer!, Shangri-La, シドニアの3曲それぞれの配信状況を集計)
  • Spotifyの検索欄に楽曲やアーティストの名前でぶち込んであるかないかで判断する
  • 収録アルバムは、「シングル」→「アルバム」→「ベストアルバム」の順で収録されているものを載せる形式。リリース年度が古いものを優先とする。これは自分ルール。

なお、結果は以下のように分ける。基本的に原曲もしくはカヴァーで配信されていたら○扱いになる。

  • ○: 配信あり
  • ×: 配信なし

結果 

docs.google.com

 

前回はアーティストもそんなにいなかったので各アーティストごとに画像にして載せていたが、今回59組141名というバケモンみたいな数の参加者となったそうで、そんなちまい作業をいちいちやってられないのでおとなしくスプレッドシートのURLを貼ることにした。個別の結果はそっちを見てほしい。なお、誤りや見落としがある場合は教えていただけたら修正します。

 

なお、配信可否というのは正直曲の版権次第というところもあるため、レーベルも明記して集計しないと意味ある調査にならないのは百も承知なのだが、楽曲元のレーベルとアーティストの所属レーベルがバラバラという事態がままあるということもあり、面倒なのでとりあえずそのへんは含めなかった。

 

どうだろうか。ぎりぎり100曲には届かなかったものの、各日半分を超える配信があり、かつ全体の2/3がSpotifyで聴くことができるというのは、個人的にはかなり多い印象をもつ数字だった。おそらく公式のストリーミングサービスであるところのアニュータであれば9割以上はフォローできていたのかもしれないが。去年だったら3割程度がせいぜいだったかもしれないところで、アニソン業界としてストリーミングの潮流が広がっていることを感じる結果になった。

 

ミクロに見ていくと各アーティストによって配信を解禁している傾向が異なるのも興味深い。例えば、KADOKAWAからMAGES.に移った鈴木このみさんは旧レーベルの作品は一切解禁されていない。

また小倉唯さんは、解禁範囲を部分的なシングル曲にとどめている。おそらくアルバム等は購買やダウンロードに誘導しようという意図なのだと思うが、同じキングレコードでも全解禁が話題になった水樹奈々さん、水瀬いのりさんなどとは異なるスタンスなのも面白い。

ZAQさんはトリニティセブン関連の主題歌と思しき楽曲のみ配信を解禁していて、アニメ側が楽曲版権を持っているのか?という邪推ができこれも珍しいケースではある。

キャラクターものでいうと、当初から全面的に配信を行っているバンドリ関連や、先日配信解禁が話題になったラブライブ!関連に対し、プリンセスコネクトやアイマスなど、IPや所属レーベルによって対応はまちまちである。*1

 

アニソン界隈でのストリーミングに関わるエポックメイキングといえばランティスのマルチ配信解禁だろう。アニュータの発足に中心的役割を果たしてきたこともあり、あまり多方面に配信を解禁するのは乗り気ではない印象があったが、ここにきてJAM ProjectやTRUE、スフィアなど、業界でも特にバリューのある方々がSpotifyやAppleMusicなど、各プラットフォームへ配信を展開し始めた。もっとも、茅原実里さんや畠中祐さんなど、参加している中にもまだサブスク未解禁のアーティストはいるが、今後の実績次第でさらに拡大することは期待できる。 

 

前にも書いたが、配信するのかどうかはレーベルの意向が大きく*2、配信サービスが気になっている人は、とりあえず自分の推しがリリースしているレーベルの動向に留意するのがいいと思う。また、ミュージックレインに顕著だが、リリースと配信解禁に大きくラグを持たせているレーベルもあり、本当に早く手に入れるならCDなり、ダウンロード購入なりが推奨されるような施策をとっているアーティストもいる。動向に注視しながら判断しましょうという話。ただ推しの云々に関わらず音楽を聞くのが好きならサブスクサービスに入ってみるのはおすすめできるアクションではある。最初無料だし、単純に便利だし。

 

*1:アイマスに関してはアニュータでもショート版しか聴けないものもあるようで、そも配信に対して消極的な傾向にあるようだ

*2:先述したランティスのこともあり、この傾向は徐々に変わってきていることにも留意したい

遠くアニサマを望む

少しだけ在宅オタクの自分語りを許してほしい。

 

2008年に初めてアニメロサマーライブというライブに参加した。2008年というのはアニサマさいたまスーパーアリーナに移って初めての年で、自分のこの会場に足を踏み入れるのも初めてだった。この時点で今後様々なアーティストのライブで数えきれないほどお世話になるとは知る由もない。

まだキンブレという製品は世になく、自作するしかない時勢で、そのへんのしきたりをよく知らなかったぼくは青いサイリウムを一本だけ持って行った。8時間で消えるようなやつである。ライブなんて親と一緒に行ったB'z以外になく、今でこそ誰も彼も有名な方々だが、当時半分くらいは名前も聞いたことのないアーティストたち。その中に、同じくそこまでよく知らない友達と一緒に飛び込んでいく怖さとか、ワクワク感みたいなものは確かにあった。とにかく茅原実里さんが出演するところを見たかったという、その一点だけだった。

 

それ以来、毎年アニサマには参加するようにしていた。自分にとってアニサマは「祭り」だった。アラカルトのようにそれぞれのアーティストの一番いい部分*1を楽しみつつ、そこから新たな発見や出会いを通して自分の音楽シーンが広がっていくのはこういう大規模なフェスでしか味わうことができない醍醐味でもある。

アニサマのいいところは会場をフルに使って弛緩の間を作らないようにしているところだと思う。よくある前面のステージや中央のステージ、さらにアリーナの前後左右を動き回るトロッコステージもそうだ。これによりセット転換の余計な時間を掛けることなく演出ができている。もう10年もさいたまスーパーアリーナでやっているから演出サイドが性質を熟知しているというのはあるのかもしれない。

 

今年行かなくなったのはいくつかの理由がある。いい席を取るのに手間がかかること*2心理的限界が来ていたこともあるし、端的に言えば自分が好きな音楽の範囲とアニサマで演じられる音楽の範囲がずれてきたこともあるし、なにより楽しむための「予習」が億劫になっていたというのもあった。その年のアニメシーンの色を濃く出すアニサマを1から楽しむためにはその年のアニメシーン、アニソンシーンを知り、寄り添う必要がある。しかし、今のアニメを見る習慣が失われると今のアニソンに触れる時間が劇的に減るのだ。この時点で行っても楽しめないだろうし、やめようかということになった。

 

行かないと決めたイベントで起きたことに関しては何も言わない。たとえ放課後ティータイムアニサマにシークレットで出るということがあったとしても、である。2011年2月、凍えるような寒さだった朝6時のさいたまスーパーアリーナの物販待機列で飲んだエメマンの味は、墓場まで忘れないよう持ち続けていくつもりだ。

だからいくら今年のセトリがよかったとしても、来年行くかどうかの判断に影響させたくない。フラットな気持ちで来年あるであろう発表を見守ることにする。そもそも東京五輪もあるから同じ規模でできるのかどうかも怪しい感じがするけど。 

*1:と、スタッフ側が思っているだけかもしれないが

*2:ブルーレイを買わされたり、月額1,100円のサービスに入らされたりしてきた

誰かに乗せられるがまま

格安SIMなどいろいろな会社が喧しく自社の優位性を喧伝する今日びにおいて、auと契約してスマートフォンをぽちぽちしているような物好きの人であれば、ぼくは躊躇いなくauスマートパスに入るべき*1だと思っていて、それはなぜかというと、言うまでもなく毎週月曜日に映画が安く観られる制度があるからです。

 

www.4gamer.net

映画は1週間に1本は必ず観るようにしています。あらゆるエンタメの中でも最大級に金が掛かってるクセに,短時間で完結するので。物作りに携わる人間にとって,あんなに美味しい御馳走はありません。

 

映画は総料理長以下、莫大な材料に莫大な人的資源と莫大な予算を費やして作られたものを2時間で食べられるように凝縮した、極めて旧時代的な考え方(disってないよ)でできたコンテンツだと思います。作る側からしたら多分そこまで効率的ではないけど、儲かる。ものは考えようですが、↑のインタビューを読んでからこういう視点でみると、お得なエンタメだよなあと思うようになりました。

ぼくが思う映画のいいところは、(映画館で観る、という前提にはなりますが)「飛ばせないところ」と「拒絶できないところ」です。今はテレビも基本録画して見たいときに見るので、気に入らないところは早送りできる。本や音楽は消費をやめたっていい。しかし映画はそれはできません。本当に作風が合わないのなら無理やり席をたつこともできますが。

 

映画を観る「習慣」ができだしたのは間違いなくスマートパスで安く映画が見られるというのが背景にあります。何がきっかけで好きになるかわからないから、こういう「なんか良さそうだな」というのには飛びついてみてから決めよう、と考えることにしています。とりあえず乗せられるがまま乗っかってみようというスタンスですね。合わなくてもそれのせいにすればいいので。選択肢が多いほうが人生の色数は増えると思います。

どうでもいいですが知人はアイドルにハマってからそのアイドルが紹介するコスメを買うようになり、やがて美容男子としてお手入れや良い化粧品などいろいろ教えてくれます。蝶々のように、何かを媒介にして別のなにかに行き場を求める生き方は根無し草のようですが、思わぬめぐりあいがありそうな気がして、とても魅力的で、やめられないものなのです。

*1:スマートパスプレミアムだとなおいい

イヤホンジャックの受難

前の記事で書いたとおりXperia 1に機種変したことによってイヤホンジャックが端末から消えた。type-Cとイヤホンジャックの変換コネクタが同梱されているのでとりあえずなんとかすることはできるがとてもダサい。
ワイヤレスのヘッドホンは実は去年の暮に買っていて、同じくソニーのWH-1000XM3を持っている。

www.sony.jp

平気で2,3日持続するバッテリー、鬼のようなノイキャン性能など満足できる逸品であったが1点だけ看過できない点がある。密着度の高さゆえ蒸れが酷いのだ。とりわけ自分はデブなので多汗であり、不快指数は上がる一方である。とてもこれからの時期に使い続けるにはきつい。

というわけでワイヤレスイヤホンを買うことにした。なるべくバッテリーのもちがよくて、左右有線タイプのもの*1でいいものないかなーと探していたらTaoTronicsというメーカーで発売されたばかりのTT-BH072というモデルが安くて良さそうだったので買った。ちょうどよく2割引という特典もついていたので安く買うことができた。

 

やはりノイズキャンセリングに慣れていると遮音性に難はあるが、でも値段を考えたらまあいいかな。バッテリーも1日ぐらいなら余裕で持つし、何よりずっと首にぶら下げておけるので携帯性がとても高い。コード絡まりとかは有線イヤホンあるあるだと思うが、自分も毎日のように苦しんでいたのでその地獄から開放される快感指数の高さたるやという感じ。
充電がMicroUSBなのはご愛嬌。イヤーウイングはどのサイズも耳に合わなくてとりあえず外して使っている。

個人的にはもう少し細かく音量調節(端末のコントロールに依存している?)ができればいいなと思ったのと、たまに接続しているのに音が飛んでこないことがあり、再接続しなければいけないのがとても手間なのでそのへんがなんとかなればなあという気持ち。勿論だが、音ゲーは遅延がひどいので有線じゃないとできない。音質に関してはほとんど気にしないのであれだが、aptxHD対応なのでまあ値段相応以上ではあると思う。

 

今回ワイヤレスイヤホンをいろいろ探してみたのだが、メーカー名だけだと初めて聞くようなところだったり、信頼できるところなのかどうか等々、わからないところが多くて判断にとても迷った。ソニーやオーテクやBOSESENNHEISERだけでは測れない世界はいっぱいあるなと痛感した。まあこういう新しい景色が広がっていくのが楽しかったりするのだけれど。

*1:完全ワイヤレスだと1週間と経たずになくす自信があったので

この週末

携帯を乗り換えた

先週、メインで使っているスマホを地面に落としてしまった。コンクリの床にもろに画面側からいってしまったので見事にディスプレイが割れてしまった。割れた部分も画面は反応していたり欠けもなかったので、後々考えるとここで修理代が軽くなった部分はあったかもしれない。
幸いASUS唯一の正規店*1が1時間弱とそれなりの距離にあったので、すぐに修理予約、割れたその日のうちに店舗に赴き持ち込み修理を依頼した。
そのため購入時のレシートも保証書もないのでメーカー保証が効かない。ダメ元で某MVNO契約時の契約書面PDFを落として店員さんに見せたら保証が通った。優しさを感じる。

 

修理は当然即日とはならず、数日預けて修理してもらったものを返却、という流れになる。今回の場合は4日ほどかかるとのことで、まあ自業自得なので泣く泣く飲むしかない。(また修理の際には初期化して返却されるのも、まあ自業自得)。
しょうがないので引き出しのそこに眠っていた別のスマホを引っ張り出して使っていたのだが、ロースペなので数時間触っているだけで我慢の限界に達し、そのままMNPで乗り換えつつ新しい携帯を買った。MVNOから某3大キャリへ復帰ということになる。

 

www.sonymobile.co.jp

 

端末は少し悩んだがXperia 1にした。店頭で持って見た感じのフィット感が一番良かったこと、三眼カメラに興味があったこと、パープルの色味が予想以上に好みにヒットしたこと、ある程度のデメリット*2を甘受できると判断できたこと、対抗馬Androidが軒並みイマイチだったこと、などがある*3。当初pixel3やiPhoneも考えていたのだが、一部端末だけMNPで乗り換えると端末代の半額以上割り引いてくれるという太っ腹施策をやっていたことが決定打になった。これがpixelなどにはなかった。

すぐにMNP番号を払い出してもらい、解約。そのままカウンターで申し込みをする。土曜日にお店に行ったのでだいぶ時間がかかったが、対応してくれた女性店員さんがめちゃくちゃ可愛いお顔をしていらっしゃって、自分的にはチャラになった。現金。

 

というわけでXperia1 を使ってみて思ったことを書いていく。

 

  • 横の指紋認証はXZのときより精度向上は著しい(当たり前か)。今回けっこうガチガチのケースを使用しているため*4少し押し当てる意識は必要だがすんなり通る。このへんはケース次第。ただHuaweiなど他の端末の背面センサー方式と比べると立ち上がるまでの速さは改善の余地あり。
  • イヤホンジャックがないのは有線を愛用していると結構辛いかもしれない。type-Cとジャックを変換するコネクタはあるが、それがあると当然充電できないし、なによりダサい。これを機に無線イヤホンを開拓してみる、というのはありかも。
  • カメラが立ち上がるまでが意外に時間かかる。21:9のフルサイズで写真取れるのかなと思っていたら、16:9がサイズの上限になっていてめっっっっっっっっちゃ残念。4K録画はこれからやってみる。
  • 21:9サイズの画面に対応していないアプリはそんなにないけど、引き当てると悲しいと思う。画像が明らかに縦に伸びていたり、切れていたり。
  • サイドセンスは誤動作の原因になるので切っている。マルチ画面にしたいなと思うときはそんなにない。
  • 高速充電に多分対応していないと思うんだけど、過去使ってた端末は対応していたので知らず知らずそれに慣れていたようで、すごく遅く感じる。あとバッテリー容量は少なめなので、減ってる感は強い。
  • おサイフケータイの使いみちを探していきたい。
  • パープルの光沢、よい。

まあプラスマイナス5分5分というところで、まあこれから使い込んでいきたいですねというところ。今週修理から受け取ったらそっちと併用していくんだと思う。

 

映画を見た

今TOHOシネマズはシネマイレージ会員を対象に1,200円で映画が観れるようになっている。だからというわけではないけれど気になる映画があったので観てきた。

gaga.ne.jp

 

原作のブログ自体は全部ではないけど読んでいて、存在は知っていたのでへーという感じだった。FF14やったことなくてもオンラインゲーム特有のあるある感が面白いし、何よりエオルゼアで映画のシーンを撮影するという手法の斬新さ。キャラクターの表情の機微もちゃんとスクリーンから読み取れるのでドラマとしてちゃんと成立している。
映画オリジナルの脚色はいろいろあるのかもしれないがちゃんと「光のお父さん作戦」が軸になっているのでストーリー的にも大きくずれることはなくてわかりやすいシナリオになっている。個人的には主人公に恋慕する女性社員の部屋のテレビが海信だったところが、全く狙ってるわけではないだろうがとてもおもしろかった。(ちゃんと小道具としてクレジットに出てくる)。

 

ランティス祭りについて

こういうわけなので幕張方面へ出向くことはなかった。レーベル総出でお祝いするのはいいのだが、フェスとしての意義はオーディエンス(→オタク)が知らないアーティストやジャンルにふれる機会を創出することにある(と思っている)ので、ア○サマにあるような一曲だけ歌ってはいさよなら、という事象がこちらでも観測されたとのことで悲しい。知ってる曲で高まりたいという欲望だけでなく、どういった作品でもってレーベルを支えたのかという歴史的・芸術的な価値、そしてアーティストとしての価値、それらを満たす両方を毀損しているようなきがしてならない。知名度や人気によってメリハリをつけるのはフェスとして大事なのかもしれないけれど。
ランティスの場合、キャラ物から声優、メタルからゴシックまで結構な守備範囲の広さなのが持ち味のひとつだと思うなのでそれを活かしたフェスにしてほしかった。というよりロキノンみたいにステージぼこぼこ作って一組あたりの持ち時間伸ばしてやってもよかったような。まあ在宅の意見なんで無視してください。

あと、ハルヒにありがたがる自分ぐらいの世代がそろそろ古参の領域に足突っ込んでるなあとしみじみ。サンシャインから入ってきたオタクとか知ってたのかな。コンテンツのマスが莫大に増え、クラスタの細分化が進んでいく中で、オタクにとって共通のコンテクストというのはどんどんこの先減っていくんだろうか。

*1:

jp.store.asus.com

*2:イヤホンジャックがない、顔認証非対応とか

*3:Galaxyは信用しない宗教に入っている。

*4:

www.elecom.co.jp