猫も杓子も記事を書く

140文字ではかけないことをかこうと思います。

電動歯ブラシから手磨きの歯ブラシに戻した

ずっと電動歯ブラシを使っていました。某PH○LIPSの某Son○careってやつなんですけど。

ただ、自分の歯磨きの技能が絶無なので、あんまり奥の歯や歯の裏側とかにうまく当てられなかったりして、ちゃんと隅々まで磨けてる感を得られないというのがあり。

歯医者さんにも定期健診のたびそこを指摘されるので、今月のはじめに思い切って歯医者さんに聞いてみました。こういう悩みがあるんですけど、電動やめたほうがいいんですか?と。

以下、歯医者さんの答弁。

 

電動歯ブラシは磨くのが上手な人じゃないと逆効果になる場合もあります。そういう人が磨くとプラークや食べ滓などを歯の間に押し込んでしまうので、歯肉炎を助長することもあります。一度手磨きに変えるのもいいと思いますね」

 

あれよあれよと言う間に300円の歯ブラシを買わされて帰路に着きました。

 

手磨きのいいところは自分が気の済むまで磨き続けられるというところです。電動歯ブラシだとスイッチを入れてから3分で切れるようになっていて、間に合わなかったところをもう一回磨こうという意欲もないのでそのままになるわけですが、手磨きはそんな制約は一切ないので気の済むまで磨き続けることができます。テレビやスマホを見ながらだらだら磨くのは(良かれ悪しかれあると思いますが)好きなので、自分の外側のなにかに縛られず磨けるというのは性に合っているんだなあと思いました。

 

加えて手で毎日毎日往復させるので前腕の筋トレになります(なりません)。

 

デメリットとしてはこれまでの2倍3倍の時間をかけて磨くため時間がかかって非効率という問題が発生します。まあこのあたりは己の満足のためにやっているという部分もあるのでちゃんと折り合いをつけることができるのならそれでいいと思います。歯磨きに限った話でもないと思いますが。

 

まあ電動をdisるわけでもないですし手磨きを礼賛するわけでもないですが、まあどちらもいいところ悪いところあると思うのでうまく付き合っていきましょうという話でした。どちらかに妄執するのはよくないことなのだなということですね。

転職しようと決めた日

2020年の末までに今の会社を離れ、転職しようという目標を立てた。自宅の浴槽の中で。

大層な目標でもないけれど、心に留めておくだけではきっと褪せてしまうから、残しておくことにした。明日からの仕事は、転職するための仕事になる。

 

理由はいろいろある。最たるものは、自分が今携わっている事業が蕎麦屋でいうところの薬味ぐらいの存在しかないことだ。大きくなみなみと盛られたそばの隅にちょこんと載せられた自分たちという鮮やかすぎる対比は、入社後過ぎていく時間とともに焦燥感となって自分の心をじりじりと焼いていった。

入社したての頃の自分からしたらとても効き目の強い薬味は、存分に得るものがあったから、それを漫然と吸収していた数年間だった。しかし、このままそれを続けていく訳にはいかない。このままでは終わる。社会人として生き延びることができなくなる。

対策は2択しかない。自分でも蕎麦打ちができる別の蕎麦屋の門を叩くか、薬味から挽回して蕎麦に並び立つぐらい大きく育てるかのどちらかだ。前者を達成するには人一倍の修行が必要になる。だからこその2020年末だ。後者を成し遂げるには今のルーチンワークを打破できるような妙案が必要で、せめて海老天ぐらいにはならんもんかとも思うが、今のままでは厳しい。

 

そもそも今の蕎麦屋がそう遠くないうちに暖簾を降ろすという可能性も否定できない。未来が見えないし、必ずしも順風満帆ではないからだ。同じように自分も人生設計をろくにしていなくて、異業種にうつる覚悟も度胸もやる気もないので多分一生蕎麦屋で働くことになるのだろうということと、暦が一周りする頃に何らかの方法で終われればそれでいいということしか考えていないけれど、少しでもそこに至るまでのレールをよりよいものにするために、脱出という意味での転職というのも動機としては充分だろう。いろいろなエントリのようにGAFAに進めるかどうかと言われるとかぶりをふるしかないのだが。

「オードリーのオールナイトニッポン」

自分がこのラジオを聴き始めたのは去年の4月、「ひらがな推し」が始まったぐらいのことで、10年の歴史の中の1年にも満たない程度です。その前からラジオをやっていたのは知っていたのですが、試しに聴いてみたら単純に内輪受けが強すぎてなんのこっちゃわからず断念した経緯があります。

ラジオで乃木坂について話すバナナマンや、欅坂について話す土田晃之さんの話を聞くのが好きで*1、ひらがな推しのMCがオードリーに決まったときから、アイドルたちとの仕事をどうトークに昇華させるのか気になっていたのです。というかずっと若林さんが人見知り、春日さんがただただ淡々と体を張って色々やるむつみ荘の住人というイメージしかなかったので、正直に言ってアイドルと仕事をやるのは意外ではありました。そんなこと言ったらアイドルとの並びですんなり来そうな芸人って天津向さんぐらいしかいなさそうだけど・・・

そういうわけで、「ひらがな推し」を機にこっそり仕事のBGMとして(決して褒められた手段ではない方法で)過去回をつまみ食いしながらきいていたら、まあ「解ってきた」というのもあるのだと思いますが、面白くなってきて、聴くようになりました。そんなさなかで武道館の企画が進んでいき、チケットも即完で無理かなあと思っていたらリセールで出ていたので、こんなリスナー歴も対してないような半端者がリトルトゥースを名乗っていいとも思えないしという躊躇もありつつ、ええいままよと飛びつきました。バックスタンドの後方でしたが、武道館ってすり鉢状になってて後ろでもある程度ステージが見やすいんですよね。なんであんまり気にしてなかったです。

 

あのイベントが良かったのは、ただただいつもどおりのオールナイトニッポンを地で行ったからなんじゃないかと、内輪受けと言っていましたが、それが22000人のリトルトゥースが求めていたものだったからじゃないかと。バー秀さんやビトさん、松本明子さんや梅沢富美男さんらゲストの皆さんによって、いつもより綺羅びやかな装いになったというだけで、あとは本当にいつもどおりいつもどおりなイベントで、ただそれを目撃できたことが、本当によかったのだろうとおもいました。

 

よく深夜ラジオは「秘密の共有」と言われるとどこかで見聞きしたことがあります。いろんなパーソナリティがラジオ番組を介して、ラジオのチューナーを介して、いろんなひとりひとりと擬似的につながっている。明らかに一対多のつながりなのにあたかも自分に宛てたメッセージであるかのような錯覚を起こす。というクローズドさが深夜ラジオの「秘密の共有」たる所以であり、蠱惑的な部分だと思います。

あの日、22000人の間で日本一オープンな「秘密の共有」を、日本武道館、全国の映画館でやってのけたという高揚感があの場を包み込んでいたように思いました。多分映画館も同じだったんじゃないかなと思いますが、それが個人的にはとてもエンターテイメントの極致のようで、とても魅力的な体験でした。

 

その後のラジオも(自分はあまりにも眠かったので翌日タイムフリーでしたが)武道館の感想を語ったり、ツアーに参加した芸人さんたちが楽屋挨拶しようとしたら警備員に止められたりした話とか、ほんとうにとりとめもなくて、それが面白かったです。これからも「いつもどおり」の「秘密の共有」が長く続きますようにと願っています。

 

f:id:umincyu11:20190304171526j:plain

 

にしても、

1月に茅原実里さんのライブツアーで10年ぶりに推し曲と再会し、

2月に星野源さんのライブツアーで踊り狂い、

そして3月にこれ。

 

今んとこいい2019年です。この調子で元号もいいものになってくれるといいですね。

*1:ハライチのターンでは全然そういうのないよな。なあ澤部?

「POP VIRUS」の現在地

スマートフォンで「POP VIRUS」を聴きながら新幹線で名古屋へ向かう僕に今なら声をかけてあげられると思います。このアルバムのタイトルに彼がどんな意味を、どんな決意を込めたのか、ライブがもうすぐ始まる今だからこそ、改めて考える意義があると。

星野源が前作「YELLOW DANCER」で掲げた「イエローミュージック」のその後に、続けてリリースした、「恋」「ドラえもん」「アイデア」という曲たち。彼らはドラマ、国民的アニメ、連続テレビ小説というそれぞれ異なる場所でスポットライトを浴び、大衆音楽の中で間違いなく躍動していました。彼が一昨年の末から去年にかけて、日本の音楽シーンの表舞台に立ち続けたアーティストの一人であることは疑いようがないでしょう。そして彼の音楽はこの「POP VIRUS」の名の通り、「POPS」というもう一つ先の次元にたどり着かんとしている、まさに今がその時なのです。

 

ドームツアーというのは決して珍しいものではないと思います。もちろん、限られたアーティストのみたどり着ける世界だと思いますが、その陣容はアイドルからロックバンド、K-POPまで、多様です。そういう中で、新たな「POPS」の担い手として、彼がどんな音楽を披露し、繋いでいくのか。それを知りたくて、ナゴヤドームにライブを見に行きました。

 

率直に言います。最高だった。

ステージ上にいたのは、楽しそうに歌うボーカルと、楽しそうに演奏するバンドメンバー、楽しそうに踊るダンサーたち。彼ら彼女らが綺羅びやかな舞台演出や照明効果に各々のパフォーマンスを乗せて、エンターテイメントとして昇華する。ただそれだけ。ただそれだけなのですが、それでいて清らかで、そこに一切の迷いや淀みがない。このエンターテイメントがステージの外に届いている、受け入れられている、という信念、自信がそこにあったんじゃないかなと思います。

 

彼がライブ中のMCで「ドームに包まれている感じ」と表現していましたが、それは彼の「イエローミュージック」もとい「POPS」を観客が最上でもって受け止め、応え、歌い踊る観客の存在があったからです。曲のたびに、手拍子をしたり、体を動かしたり、踊ったり。ライブ会場であれば当たり前のことかもしれませんが、アーティストがやりたい音楽を演奏し、オーディエンスがそれを受容し感情の波を起こす、というのは一つの多幸感のかたちでしょう。会場にいたひとりひとりへ、まさに「VIRUS」のごとく、彼の「POPS」がドーム中に伝播していた光景だったからこそだと言えます。

 

このツアーでのべ30万人以上の耳目に、星野源の音楽が触れることになりますが、この「感染」の波は、これからツアーが終わったあとも、なお広がっていくのでしょう。自分が楽しいと思う音楽、自分が好きだと思う音楽。それを「POPS」という肩書に乗せて広げていくという決意と覚悟。アーティストとしての究極だと思いますし、容易なものではないと思いますが、それらを断片的に感じることができた「POP VIRUS」という盤であり、今回のライブだったのかなと思います。

どんどん進化を続けていくであろう彼の「POPS」にこれからも触れられること、今回その目撃者となれたこと、これがどれほど幸福なことか。至上の一言です。

 

f:id:umincyu11:20190218120141j:plain

 

リスアニ!ライブ2019のセットリストはどれくらいSpotifyで補完可能なのか

気になって調べてみた。

 

ルール

  • セットリストのタイトルなどはリスアニ!公式サイトに準じる
  • アレンジ版は元の曲と別物とする
  • 2019/01/28 現在でSpotifyに追加済みのものが対象

それではやってみましょう。

 

1日目(1/25)

LiSA

f:id:umincyu11:20190128215923p:plain

 

意外にも1曲のみ。ROCK-modeは通常のものは配信されているが、ベスト盤に収録されている18年のアレンジ版は未配信。それ以外にもLDP以降の各楽曲や、HI FIVE! が未配信だったりと、意外と抜けが多い。

 

🐧🔎

f:id:umincyu11:20190128220334p:plain

おりべさんのレーベルメイトである彼ら。全曲が配信されている。意外とソニーは懐が深いんだなあということがわかる。ライホはもちろんLiSAの楽曲として配信。

 

May'n

f:id:umincyu11:20190128220827p:plain

こうなると一曲だけ配信されているのはなぜなのだろうというお気持ちにさせられる。彼女が所属しているフライングドッグの社長が某アニソン配信サービスの首領なので、レーベルとしての方針というのもあるが、Spotifyには不寛容。

追記: 「Belief」はavexからリリースされた楽曲だそうで、一曲だけレーベルが違うので配信できるということになったのだろうと思います。なんでavexからなのかはわかりません。May'n部長は過去に同レーベル所属のWUGちゃんとコラボしたことがあり、その関連なのかなと思いますが。

 

f:id:umincyu11:20190128221109p:plain

 

2日目(1/26)

田所あずさ

f:id:umincyu11:20190128221252p:plain

力強い楽曲とは裏腹にエッジの効いたMCをかますころあず。ころあるきが来てくれたのは個人的にすごく嬉しかったけど、彼女が所属しているランティスもア○ュータの手先なので未配信。

 

やなぎなぎ

f:id:umincyu11:20190128221539p:plain

個人的にスパセルのボーカル時代のほうが印象的。「夜明けの光をあつめながら」だけが唯一、新アルバム「ナッテ」に収録されているが未配信。発売から配信までラグがある、というケースは多い。

レーベルという視点で見るとNBCユニバーサルもわりと配信に積極的で、fripSideや流田Pなど配信実績が多くある。

 

アイドルマスターSideM

 

f:id:umincyu11:20190128221856p:plain

ラ  ン  テ  ィ  ス

 

ReoNa

f:id:umincyu11:20190128222031p:plain

 

ASCA

f:id:umincyu11:20190128222242p:plain

 

三月のパンタシア

f:id:umincyu11:20190128222411p:plain

upcoming artists の3人。いずれもSME系列に所属していることもあり、配信率は高め。未配信の2曲はシングルが未発売のため、時が経てば○になるだろう。個人的にはReoNaの歌が自分の色がぱきっと出ていて好み。

 

水瀬いのり

f:id:umincyu11:20190128222734p:plain

何度かフェス系のライブで見ているのですが、改めて観てると強い曲が多い。

彼女の所属しているキングはアーティストによって配信傾向を大きく変えてきていて、いのすけやすみぺなどは網羅率が高く、おそらく配信によるリスナーが多いであろう若年層へのアプローチと思われる。逆にほっちゃんゆかりん林原さんなどはパッケージ購入が主なのか歯抜けが多く、奈々さんに至っては個人名義は配信実績がない。*1

 

TrySail

f:id:umincyu11:20190128222926p:plain

フェスのトリを務めるまでになった3人組はなかなかの配信率。azureは発売してまだ日が浅いため未配信。

彼女に限らずミューレ系列は3ヶ月くらいラグがあり、レーベルメイトの坂道系はリリースと同日に配信開始されているところを見ると、同じSMEでもグループ間やアーティストによって対応が違うというところも面白い。

 

f:id:umincyu11:20190128223300p:plain

 

 

2日目(1/27)

 

GARNiDELiA

f:id:umincyu11:20190128223506p:plain

男女二人組ということでTRUSTRICKとちょいちょいかぶってたのは内緒。REBEL FLAGは未発売なので配信はない。

 

アイドルマスター ミリオンライブ!ミリオンスターズ

f:id:umincyu11:20190128224314p:plain

ランティス定期

 

halca

f:id:umincyu11:20190128224455p:plain

MCはとにかくおどおどしてて可愛かったのですが歌になるとパリッとしていて、二面性をこれでもかと見せてくる子だった。この子もSME所属。ダイヤの原石をいくつ抱えれば気が済むんだろうか・・・あと女性アーティストばっかり。

 

鈴木みのり

f:id:umincyu11:20190128224726p:plain

フライングドッグなので未配信。楽曲の個性が強めで聴いていて楽しいセトリだったが、あまんちゅ!のEDを歌っていたことを完全に失念していて涙腺が崩壊した。

 

JUNNA

f:id:umincyu11:20190128225049p:plain

数々の難曲を乗りこなす歌唱力と引き込まれる歌声は18歳とはとても思えず、さすがという他ないが、残念ながらフライングドッグ。

 

CHiCO with HoneyWorks

f:id:umincyu11:20190128225254p:plain

Spotifyにはそのアーティストの楽曲の中でどの曲が最も再生されているかという「トップチャート」という欄があるが、そこに表示されていた6曲がそのままセトリとして披露された。完全ないいとこ取りセトリで楽しかった。

 

宮野真守

f:id:umincyu11:20190128230625p:plain

まもについてはベスト盤のみの配信。シングルやアルバム表題曲などは概ねフォローしている。

 

KOTOKO

f:id:umincyu11:20190128231048p:plain

メドレーという形とはいえ、まさか2019年になってさくらんぼキッスを聴くことになろうとは思わなかった。エロゲソングやライブ会場限定などといったピーキーなものを除けば大抵は収録されている。

 

f:id:umincyu11:20190128231622p:plain

 

ということで、半分ちょいがSpotifyで復習できるよ、という結果になった。これが他のアニソンフェスだともっと割合は低いと思う。

アニソンに限らず、こういったサブスク配信についてはレーベルごとに立場がはっきりしているので自分の推しの所属先によってどういうスタイルで曲を聴けばいいのかがはっきりするのはまあいいのかなあという感想。

もちろん好きな曲だけ聴いて生きていくのも楽しいけど、星の数ほどの楽曲群に手のひらの中で触れられる、試すことができるというのもサブスクの魅力なんだなあと改めて気づくことができた2018年だった。

去年は同時にポルノグラフィティミスチルユーミンなど著名アーティストの配信開始があり、サブスクサービスにとってソフト面でエポックな1年だったと思うので、今年来年と勢力図がどう変質するかというのは注目していこうと思う。

*1:キャラソンや西川御大とのコラボはある

プログラミングの上司

某氏と昼ごはんを食べに行ったときに、「プログラミング初学者や未学者がどのようにスキルを伸ばしていくか」という話をした。

曰く、本やネットで得られる情報を集めて自身のスキルを構築していく段階と連続的にして、わからないところをわかるようにする段階が生じる。その転換に入るのは、往々にして学習による実装*1を脱し、実際の開発案件に着手したあとで、その段階に入ると、「わからないところがどこなのか明らかにする」のと、「明らかにしたわからないところをわかるようにする」必要があり、とりわけ独学者やフリーの学習者がその段階を乗り越えるには厳しい。なぜなら「プログラミングの上司」に当たる人がいない(場合が多い)からだ。(そうでない会社もたくさんあるということを承知の上で書くが)エンジニアとして企業に入ることができれば、そういったヒューマンリソースも、開発リソースも用意されている。年齢、経歴の浅いうちはIT会社員としてそれらを活用しながらその恩恵に浴するのが良いと。

 

しかし、それがかなわない場合もある。例えば、未経験として業界に飛び込んできた場合や、年齢を経た上での他業種からの移籍の場合、「(エンジニアとして)会社に入る」という択自体が困難になる恐れがある。また、入ったとしても、会社のしごとをなぞるだけではスキルアップにつながらない場合もある。

 

「プログラミングの上司」が持つ役割として、主なところでは以下があると思う。

  • コーディングノウハウの共有
  • コードレビューや改善のアドバイス
  • 不明領域の解消

 

これらを充足する存在を欲しているプログラマの要望を叶えるために、なにかビジネス的に上手く回るような仕組みを作れたらなあと思っている、というのがその氏の言葉だった。

この仕組みで実践されているのがプログラミングスクールやpaiza,ドットインストールなどのeラーニングサービスにあたる。一方でqiitaかどっかでフリーのコードレビューが受けられるサービスもあり、理想郷ではあるのだが、そのままだと無報酬であるレビュワーの利益として何を還元するのかという問題が生じる。

なんとなくありそうなのは、転職サービスや学習サービスと技術力に定評のある企業手を組んでフォローするという形式。例えばRubyであればrubyrails系のtech confでスポンサードしているような企業。ある程度特定の言語や技術に尖った会社は少なからずある。そこと組むことで学習者にとってはスキルアップにもなるし、企業側はコードレビューという形でテクニカルな採用フローをクリアすることもできる、ある程度技術的力量がわかった上で入社するのでその後の教育もしやすくなるかもしれない。

その見返りとして、求人の出稿料や就職が決まった際に払う手数料をディスカウントしてもらうとか。ただそこに従事する従業員の工数や財源の確保は大変だろうなあと思うし、レビュワーのプレッシャーは尋常じゃないだろうなとも思う。

*1:所謂「写経」のことを指す

ファーストクラスという魔物

あけましておめでとうございます。いろいろ記事を推敲しているうちに年が明けてしまいました。

この間友達と神戸旅行に行ったのですが、その帰り、伊丹空港から羽田へ帰る時に人生初のファーストクラスに乗りました。某社長のように100万円を配ることはできませんが、少々縁起のいい話でもということで、今回はその時の話をします。

なお、自分が乗った航空会社はJALなので諸々全てJALの仕様に準拠します。

 

そもそもどうしたらファーストクラスに乗れるのか

ファーストクラスのチケットを正規に手に入れる方法として真っ先に思い浮かぶのが

  • 予約時にファーストクラスを指定して買う

という方法です。

JALには特定回数以上搭乗orマイルをためていることを条件にした上級会員制度JGCがあるのですが、それを満たしていなくても(おそらく)すべてのJALマイレージバンク会員が空席さえあれば買えると思います。ろくに乗らない自分でも買えるので。変える時期(何ヶ月先まで予約できる等)とかが違うのかもしれません。

最大の問題点が値段です。東京→伊丹間の通常運賃で33kします。新幹線でも普通車で東京→新大阪を往復できるレベル、グリーン車と比較しても倍近くです。JALにはファーストクラスも対象になっている特便割引というのがあり、それを使うと大体10k程度安くなるようですが、便によって値幅があるのとおなじように特便割引も割引幅がピンきりだったりするので使いづらいです。

 

そこで登場するのが以下の選択肢です。自分が今回取った策もこちら。

  • 普通席(ないしJクラス)で抑えておいて、当日ファーストクラスにアップグレード

当日アップグレード - JAL

上記のように、フライト当日になっても空席がある場合は+8k(Jクラスは7k)でファーストクラスにアップグレードできます。

ただ、その費用と運賃を合算すると↑で書いた特便割引の額と大差ないケースもなくはない*1ので、貯めたマイルを使って航空券を買うとか、何かしらの出張等々で航空券代を払わなくていいとかそういう場面での贅沢として払うというやり方が有効打になってくるとおもいます。おそらくフライト路線に関わらずアップグレード料金は一律なので、航行距離が長くなればなるほどコスパがいいということになります。

考えなければならないのは「当日空いてなかった」というパターンです。路線や時間帯問わず予約状況によっては満席というケースも少なくなく、特に伊丹→羽田便はどの便も席が埋まりがちになります。高速バスや東海道新幹線も走っていて、なおかつ1時間毎に数百人乗れる飛行機をJALANAも就航させているにも関わらず、です。こりゃリニアもいるわ。なので、かなり運に左右される手段であることを念頭に置いて臨むべきだと思います。

 

当日

チェックインからのアップグレード

フライト時刻の約2時間前に空港についてそのままチェックイン機で確認。するとファーストクラスに残席がちょうど2人分ありまして、これはもう、アップグレードせよと神が告げているようなものだと思ったので速攻でアップグレードしました。8000円はクレジットカードで決済します。カウンターだったら現金でもいけるみたいです。

 

f:id:umincyu11:20190108125657j:plain

 

保安検査

ロビーで買い物を済ませた後、いよいよ保安検査場へ。すでに伊丹空港の保安検査場レーンには行列ができていましたが、我々は並ぶ必要がありません。なぜならファーストクラス専用レーンがあるから。保安検査場の近くにあるにはあったのですが、目立たなすぎて見逃すかと思いました。

レーンでは自分で荷物をトレーに乗せるのではなくクルーの方に荷物を預けて乗せてもらいます。ゲートを通って完了・・・となるはずが、テンパっていたのか、コートのポケットに入った携帯電話を出し忘れてゲートが鳴り、さらに飲みかけのペットボトル飲料をカバンに入れっぱなしにしていたのを忘れ、申告していないと怒られました。ほんと初歩的なミスです。すまぬ・・・

 

ラウンジ

伊丹空港は現在、ラウンジを工事中で、ファーストクラスの客が入れるダイヤモンド・プレミアラウンジはサクララウンジに移管、玉突き的にサクララウンジにあたるリフレッシュラウンジを仮スペースで運用しています。

今回そのことを全く把握しておらず、リフレッシュラウンジに入ってしまったのでファーストクラスのラウンジサービスがどうなのか体感できずに終わってしまいました。まあラウンジ入ってやることなんて、伊丹空港で買った551の豚まん食べながらビール飲むぐらいなんで別にどこでもいいのですが、これは心残りなので、ラウンジ改装が終わった頃に再チャレンジしたいなと思います。なお、友人はJAL EST会員で5回までサクララウンジ利用サービスが受けられるそうなのですがそのカウントはされなかったそうです。

搭乗

搭乗時間の30分前ぐらいになったらラウンジを出て搭乗口に待機します。すでに優先搭乗レーンが形成されて並び始めているぐらいだったので自分たちもその列に並びます。並んでいる人は背広を着た年配のおじさんが大半で、自分みたいな安物のパーカーを着て並んでる20代男性はどこにもいませんでした。並々ならぬ場違い感を感じるとともに、自分が年老いたらこの人達を目標にしようという思いを強くしました。

使用機の到着遅れで搭乗も10分ほど後ろ倒しになりましたが、問題なくファーストクラス利用客として優先搭乗完了。

 

機内サービス(離陸まで)

搭乗してカバンやお土産、コートを棚に入れようとするとクルーがすっ飛んできてコートを預かってくれました。「ご案内遅くなって申し訳ありません」と謝られましたが、こっちからしたらそんなことしてくれるなんて知らなかったので逆にすみませんとなりました。

席は普通席とは比較にならないほどふかふかで席幅、シートピッチともに広く、さらにクッションやファーストクラス用の毛布もついています。リクライニングの角度は深く、さらにヘッドレストは可変式、足を伸ばせるフットレストに足置き場としてレッグレストもついています。勿論スリッパも完備しているのですが、自分の場合足の甲のサイズがかなり広く(4Eない靴は履けません・・・)、そのせいで足がスリッパに入らず、フライト中は泣く泣く裸足で過ごしました。

さらにヘッドホンはノイズキャンセリング機能がついています。滅菌して再利用しているのでしょうが、こだわりが凄まじいですね。

 

f:id:umincyu11:20190108125634j:plain

 

着席してすぐ、クルーが「夕刊をなにかお読みになりますか?」と聞いてきました。離陸までの手持ち無沙汰な時間を減らせるようにとの心配りだと思うのですが、正直自分はこのときそんな余裕もなく、お断りしました。

ドアクローズの後、おしぼりが配られます。紙じゃなくてちゃんとタオルのやつです。

そしてここが一番びっくりしたのですが、クルーからメニューを見せられ食事の案内とドリンクのオーダーを聞かれました。しょ、食事? 

 

f:id:umincyu11:20190108125807j:plain

 

東京伊丹間なんて、フライト時間は1時間もないような超短距離路線です。離着陸前後はクルーも安全態勢をとらなければいけないですから、実質的なサービス提供時間はたかだか30分あるかないかでしょう。なのに食事までサーブされるとは、さすがファーストクラス。サービスへの執念じみたものを感じます。

 

f:id:umincyu11:20190108130052j:plain

 

f:id:umincyu11:20190108125917j:plain

 

ドリンクは通常の機内サービスで飲めるキウイジュースや日本茶だけでなく、ペリエやコーヒー、アルコール類も選べます。寒紅梅や森伊蔵など、日常生活でほとんど飲むことがないものばかりで惹かれましたが、自分は酒にそれほど強くなく、すでにラウンジで飲んだビールでほろ酔い気味だったので、ラ・フランスジュースをオーダーしました。

 

機内サービス(離陸~ごはん)

f:id:umincyu11:20190108130003j:plain

 

離陸してすぐ、チーフパーサーから個別に挨拶。テーブルセッティングされ食事の準備が始まります。と言ってもシートの中からテーブルを出すだけですが。同時にファーストクラスとクラスJの間のカーテンが閉められ、ここが特別な空間であることを思い起こさせます。

食事はワンプレート。

 

f:id:umincyu11:20190108125827j:plain

 

時間の都合上、温めていない状態で提供されると書いてあったのですが、パンはわずかながらきちんと温められていてこれまたすごいなと。味はめちゃくちゃ美味いというわけではありませんでしたが、味の濃さもボリュームもちょうどよく、過不足なく賞味できました。メインのポークは冷めてる状態にも関わらずナイフですっと切れて、噛んだ時に歯に詰まったりするような繊維質さもなく「ああ、ファーストクラスのお肉・・・」という感じで良かったです。あと、久しぶりに「前掛けエプロンの中に入っている銀食器」というのを見ました。筒状のエプロンを開くと銀食器たちが出てくるという、あれです。

個人的にあるとすれば、如何せん東京伊丹間は航行時間が短いので、急いで食べる必要があります。着陸態勢に入るまでにはプレートをさげ、テーブルをしまう必要があるので20分程度しか食べる時間がありません。堪能する前に終わってしまった感があってそこは心残りです。他路線だともう少し余裕を持って食べられるのではないかと思います。

ラ・フランスジュースはというと、ラ・フランス特有のもったりした甘さを残しつつ、ちゃんとさらっとしたジュースになっていて、美味でした。ラ・フランスのいいとこだけ抽出したみたいな感じです。もうちょっとスムージー的などろ液体を予想していたので甚だびっくりです。これが果汁100%の力・・・

食事中はクルーが適宜日本茶を持ってきてくれます。

機内サービス(~着陸・降機まで)

着陸直前にクルーからコートの返却があります。それを受け取った後は機内誌を読み、音楽を聴きながらまったり過ごしました。

着陸後、駐機場についてベルトサインが消えたら荷物を持って出る準備をして降機です。ファーストクラスは一番前なので、必然的に降りるのも最初になります。前の人を待たずにさっさとおりられるのはいいなあと思いました。

 

まとめ

庶民感覚からすると「人生で一度はやってみたい体験」の一つであろうファーストクラス体験が8000円上乗せしたらできる(かもしれない)という門戸の開かれように対し、どんな人間でも金さえ払えばVIPレベルの待遇を受けられるというステイタス感はとてもロマンに溢れていると思います。ガチャ感にあふれているところも運試しというかゲーム性があっていいですね。仮に満席でも元々その席に乗るはずだったのですから結果オーライという感じで。

飛行機で移動する機会がそれほどない方からすると年に一度のご褒美としてもいい体験だと思います。2019年に飛行機に乗る機会がある方は積極的に狙っていくのは如何でしょうか。

*1:つっても普通に買う以上に高くなることはないと思いますが・・・