猫も杓子も記事を書く

140文字ではかけないことをかこうと思います。

河口湖で楽しかったことと、反省しないといけないこと

茅原実里ファンにはもはや恒例となりましたが、8月の6・7日と、河口湖ステラシアターで野外ライブが行われるというわけで、参加してきました。

chiharaminori.net

この場所での野外ライブは8年目ですが、過去、いろいろとスケジュールや予算があわず、ようやく参加できるようになったのは3年前からでした。
まだその頃は学生でしたので、日帰りで2日間往復ということもできたのですが、流石に年齢による衰えを隠しきれなくなってきまして、今回は宿を取りました。
・・・半分どうでもいい話なのですが、この宿を取るというのが地味に大変で、発表前から開催を見越したファンが次々に宿をおさえており、自分が探し始めた頃にはすでに会場近くの安宿は全滅でした。
奇跡的に会場から徒歩30分ほどで行ける場所が空いていたので速攻で予約したのでよかったのですが・・・

結果的にライブは最高に楽しかったです。自分はどうしてもライブの最初から全力で盛り上がるというのができなくて、内なるテンションが上がってくるのを待つしかないのですが、
今回のセットリストはちょうど本編終盤~アンコールが山場になるように、自分にしっくりと合う構成になっていました。おかげで次の日からまた仕事が始まるということを暫し忘れられるくらいには盛り上がることができました。
なにより、みのりんもバックバンドも、そしてバックダンサーもみんな楽しそうにパフォーマンスしていて、気づいたらこっちまで楽しくなってしまうというのがこのサマドリの常であり、どんなに行くのが面倒でもやめられないところだなあと思います。
やはりIAツアーからそれほど日が経っていないからなのか、初日と2日目でセットリストが変わったのは2~3曲程度で、そこは少し残念だったのですが、sfやpn,fdなどのサマドリ定番曲はもとより、lm(紫のほう)やfhnなど、ライブで久しぶりに聴く曲が多かったのもおお~っとなりました。salの曲が多かったですね。
ちなみに自分はアルバムではparadeが一番好きなので、アンコールでVoyager trainのイントロが流れた瞬間意識が一瞬飛びました。来年は花束とかprism in~とか期待したいですね・・・

帰りに乗った満席のスーパーあずさ36号の中で、真っ暗な車窓を見ながら、走馬灯のようにライブを思い出していました。来年はこの電車も争奪戦になるのでしょうか・・・

ともあれ、無事1泊2日の旅程を終えて東京に戻ってくることができたのですが、来年以降の反省に繋がるところも多々あったので最後に挙げておこうと思います。

  • 旅館は早めに取る

f:id:umincyu11:20160809163338j:plain

聞くところによると、毎年あそことかあそことかは争奪戦になっているようです。
今回お世話になったホテルは敷地内にコンビニが有り、また大浴場と客室にマッサージチェアがついていたのが良かったです。チェックアウトが早いのと、Wi-Fiが繋がりにくかったのがちょっとアレですが。*1
また、同好の士がちらほらといらっしゃったようですが、中には「僥倖」とプリントされたTシャツを着ている方もいて、ちらりと見た瞬間命の危機を感じました。

  • 車を使うならノープランは重罪

せっかく泊まるので、どっか観光したくない?と連れが言うので、ついでに会場⇔ホテルの行き来もしやすくしたいなと思い、突発的にレンタカーをチャーターしました。
突発的にした割にはいい車が残っていたのですが、自分が車の運転免許を持っていないので連れに運転を任せっきりにしてしまったのと、お互いにそれほど行きたい場所がなかったのでぐだる、という有様でした。計画性は重要。結果的に河口湖畔周辺をぐるぐるしたり、POKEMONGOを片手に密林を探検したりしました。

  • 現ナマこそが正義

手元の現金が枯渇していたので、クレジットカードで乗り切りたいところでしたが、無理でした。
何かしようと思うと、クレジットカードが使えないところばかりで、結局観光するなら現金ないとダメだなと痛感し、結果コンビニやチェーン店に依存するという、観光感0の旅行?になりました。河口湖周辺に三菱東京UFJ銀行の誕生が待たれる。

 

思い返すに、8年もこんな僻地河口湖で野外ライブを続けてきてマンネリズムを生まないのは、ひとえに瀬野さんを始めとしたスタッフ陣の努力にあることを忘れてはいけないなと思いました。今年でステラシアターという会場では通算公演回数が単独最多らしいです。すごいな。
来年もやるということなら、ぜひ行きたいと思います。でもウインタードリームも楽しそうね・・・

*1:ここまで言うとバレそうな気もする