読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も記事を書く

140文字ではかけないことをかこうと思います。

頭の悪いイベントレポ 2/14のはなし

2月14日、世に言うバレンタインデーでしたね。

バレンタインデー - Wikipedia

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。キリスト教司祭だったウァレンティヌスは秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。

処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

今年は日曜日ということもあって、多くのオタク向けイベントが開催されました。それも男オタク向けの。
プライベートをガン無視したようなイベントのねじ込まれ方をされた声優さんたちに若干の同情を抱きつつ、自分もイベントに参加し、可愛らしい女性声優さんを見ながらブヒブヒと鳴いていたわけであります。

最初に参加したのは「マリコレライブ 2016」の昼公演でした。

マリコレライブ 2016

簡単に説明しますと、
マリン・エンタテインメントという声優ラジオを多数制作している会社がありまして、並行して自社内でCDを作って製造しているので半レーベルみたいな立ち位置の会社でもあるのですが、その会社制作のラジオでパーソナリティを務める声優さんが一堂に会し、トークしたりライブしたりするイベントです。その道のファンなら少なくとも半分以上名前は聞いたことあるような、比較的ネームバリューの強い方々が参加しています。
余談ですが、似たような会社にシーサイド・コミュニケーションズという会社があり、そこも似たようなライブをやっていました。こちらには行けませんでした・・・

seaside-c.jp

イベント内容ですが、ラジオ毎に声優さんが代る代る登場し、歌ったりトークしたりという内容でした。乱暴な言い方をするならフェスに似ていると思います。
自分はガルハイというラジオのリスナーで、ある意味2人のステージを目当てに来たようなものだったのですが、イベント開始早々、トップバッターで登場してきて(心の準備できてねーよ!)という感じでした。

www.marine-e.net

事前にラジオ内で番組テーマソングを歌う旨予告があり、コールを予習してきたのですが、自分の回りも、というか会場全体でコールが湧き上がり、予想以上の盛り上がりでびっくりしました。お二人もゆるゆりアイマス等でステージに立つ経験は多いということもあり、ダンスも歌も息ぴったりでしたし、トップバッターに相応しいパフォーマンスだったんじゃないかと思います。
各番組ごとににじみ出る個性は見ていて面白く、特に大トリの山本希望さんは、自分がハマっているラップをテーマソングに取り入れ、その曲で客席を沸かすという本職かよみたいなパフォーマンスを見せてくれました。以下、自分の印象に残った箇所を抜粋します。

  • ガルハイ→芸人。ショタコン
  • みかっしょ→新参者アピール。盛り上げ上手
  • Mラジ→トリニティテンポの宣伝。高橋未奈美さんのキレ
  • ドリーム・シアター煮干しの日。エア煮干し配布芸。桃山奈央さん
  • ラフストーリー→他番組とずぶずぶな関係。艶のある見目麗しい2人の姿
  • っだー→飯MC。ちょっとショタっぽい男装姿
  • ゆのみ→パナ○ェーブを思わせる白装束姿。山本希望さんにしっかりついていく大坪由佳さんと荒川美穂さん
  • その他→サプライズゲスト、千本木さやかさんのいもくさい(いい意味で)お姿。高橋留美子漫画のヒロインにいそうな感じ

最後には今回のライブに参加された全員による合同ユニットのパフォーマンスもサプライズで披露され、ファンを喜ばせてくれました。夏にはこのMVも発売されるようですので皆さん買いましょう。
個人的には番組の垣根を超えてパーソナリティ同士の絡みみたいなところを見たかったのですが、残念ながらそれはエンディング以外にはありませんでした。ただ、声優さんたちサイドにとってみても、自分の番組を聞いている人たちと生で触れ合える機会というのはなかなかないと思われるので、Win-Winで良かったんじゃないかな?と思います。イベント自体は2時間半でしたが、飽きることなく楽しめた充実感高いイベントでした。

 

そのあと簡単な用事を済ませて豊洲から所変わって渋谷へ移動です。「LAWSON presents TrySailのチョコっとVoyage ~アマイセイル~」の夜公演に参加してきました。

trysail.jp

TrySailとは、ミュージックレインという声優・アーティスト事務所がプロデュースする声優ユニットです。結成してまだ1年というキャリアの浅さですが、すでに個々人がブログやラジオなどで個性を発揮し始めているということもあり、個々人の人気も高く、メンバーの一人、雨宮天さんはすでにソロデビューも果たしています。

TrySail - Wikipedia

musicrayn.com

ここまでならまあ、特別何があるというわけでもないのですが、ミュージックレインという事務所はソニー・ミュージック(SME)の傘下にあるため、同傘下のアニメ制作会社・ANIPLEXやA-1 picturesと強い関係にあり、またそのマネジメント方針も他事務所とは一線を画しているというところで有名です(他事務所の声優さんのブログに顔出しできないとか)。
ただ、TrySailの姉ユニットにあたるスフィアというユニットを成功に導いているという実績があるため、このユニットに注目するオタクも非常に多いです。

www.planet-sphere.jp

そんな3人のイベントがあると知って参加してきました。こちらはライブというよりもイベント色強めでした。

3人によるバレンタイン・キッスのカヴァーと、糖度高めのキャピキャピ挨拶から始まり*1、トライセイルボンボンというウイスキーボンボンに引っ掛けたイベントコーナーと続きます。
これが本イベントのメインで、3人がチョコレートとかけて、ちょこっとずついろいろな企画にチャレンジするというものでした。対決したり、罰ゲームしたり、観客参加型企画があったりと盛りだくさんで、具体的に何をしたかは他のレポに譲るとして、個人的に面白かったのはちょい足し唐揚げの企画。
ローソン提供ということでからあげクンにいろいろな食材をちょい足ししてみようという趣旨で、りんごジャム、無糖ヨーグルト、チョコソースなどをディップして食べる3人。
夏川椎菜さん(ナンス)と雨宮天さん(てんさん)が微妙な表情を浮かべる様をカメラに抜かれて笑いを起こす中、何を食べても「おいしい!(●・▽・●)」としか言わず、2人の微妙なリアクションそっちのけで終始テンションの高い麻倉ももこともちょさん(●・▽・●)様子のおかしいナンスに気づき「だいじょうぶ?(●・▽・●)」とフォローしながらも、味に関して不味いとは言えないのでやんわり濁す2人に気づかないもちょさん(●・▽・●)。
イベントの後半、「何が美味しかった?」と聞かれ「うーん・・・ぜんぶ!(●・▽・●)」と答えるところがまた良い。自分の感情に正直に生きてるなーって感じがして羨ましさすら感じました。

また、コントにチャレンジする3人も印象的でした。台本を見ながらでしたが、セリフの間が絶妙で面白かったです。ひたすらツッコミに回るナンス、ユニット中最年少とは思えません。そういえばスフィアもデビュー当初コントがやりたいとか言っていたような・・・?ミューレに流れる血脈みたいなものを感じます。

その後はライブパートで、自分たちの持ち曲にとどまらず、チョコレイト・ディスコのカヴァーもありました。本家Perfumeの完コピで歌い切る3人は素晴らしいの一言です。一番聴きたかったコバルトが聴けなかったのは残念でしたが、次のソロライブが決まったとのことなのでそれを楽しみに待ちたいと思います。

 

もともとチョコレートと自分の身体が相性が悪いということもあり、負け惜しみでもなんでもなく思い出もクソもないというバレンタインデーでしたが、やっぱり生で声優さんのお姿を拝見できるのなら、どんな形であろうとこれに乗じてイベントに参加するのは悪くないなあと思いました。どちらも普通に楽しかったです。
マリコレもTrySailも初参加だったのですが、こういうイベントに参加するとそのコンテンツに謎の愛着が湧いてしまうのがイベンターの悲しいところだと思います。そしてどんどん財布の紐が緩くなっていくのです。気をつけないといかんなと思いました。

 

終わりだよー(●・▽・●)

*1:ちなみに3人の挨拶は雨宮天さんが考案・ディレクションしたそうです。才能を感じる・・・