読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も記事を書く

140文字ではかけないことをかこうと思います。

μ’sの紅白出場に寄せて

(心底どうでもいいのですが、紅白出場者ってありとあらゆるところから情報が漏れ出していて、しかもそれがガセネタで一蹴できればいいけどそんなこともなくて、なんかTBS時代のベイスターズを思い出さずにいられません。はい。)

 

というわけで。

www.oricon.co.jp

前々からこれもお漏らししていた情報ですが、昨日正式に紅白出場が決まったようで、おめでとうございます。

順当に、というつもりはありませんが、出るなら今年しかなかっただろうと思ったりします。映画でμ’sとしてのストーリーは一区切り、NHKでは番組出演や特番も組まれるようになって、年明けにはEテレでアニメの再放送が決まっています。恐らく次の6thライブでμ’sとしての活動がフィナーレとなるだけに、ここで、という関係者の思いが実った形なのでしょう。

で、ニュースを読み進めていきますと、

紅白に出場するのは、声優の新田恵海高坂穂乃果 役)、南條愛乃絢瀬絵里 役)、内田彩南ことり 役)、三森すずこ園田海未 役)、飯田里穂星空凛 役)、Pile西木野真姫 役)、楠田亜衣奈東條希 役)、久保ユリカ小泉花陽 役)、徳井青空矢澤にこ 役)の9人。

 

・・・なるほど。

自分にかつてほどのラブライブ熱はありませんが、絵里が一番好きな自分からすると、9人揃ってステージに立つ、というのが1番だと思います。恐らく、ステージのメンバーもそう思っているでしょう。ニュアンスは大きく違いますが、アニメ、映画中でも「μ'sはこの9人でμ's」という表現が、物語終盤にかけてよく登場します。

しかしながら、今は既に周知の通りですが、絢瀬絵里役の南條愛乃さんが膝を痛めており、μ'sのような激しいパフォーマンスができない状態です。(ソロライブなど、動きの少ないライブは怪我のあともされています)

おしらせです。 | 今日もいい天気だよ。

以前より常々、南條さんは6thでの復帰を目指すということを各所で言っていますが、

 

 

紅白の本番まで時間があまり残されていない中、南條さんも一緒に出場できるのかな?というのは考慮する必要があると考えます。

 もう一つ、時間的制約というのもあります。南條さんがメンバーとして所属しているfripSideが、神奈川でカウントダウンライブをやるからです。

渋谷からですから、移動時間等を加味すればスケジュール次第ではいけなくもない、あるいは二元中継でメッセージだけということもありうるでしょう。そこと本人の負担とをどう釣り合わせ、NHKランティス、或いは事務所、本人がどう決断するか、そこを注視していきたいと思います。

そして、何を歌うかも注目すべきところです。恐らく王道的にそれ僕か僕今かなと思いますが、メドレーという大穴もありそうです。

いずれにしても、今まで1ミリもμ'sを知らない人のほうが多いという環境でライブをやるのは、活動開始当初以来だと思いますので、そういった人たちに楽しんでもらえるような曲選を期待したいですね。

(書いてて気づいたけど、OPは両方共一人称が「僕」なんですね・・・ウミチャーン・・・)